桐野 作人/著 -- 戎光祥出版 -- 2024.1 -- 645.7
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /645.7/キ/ 211203153 一般   貸出中

資料詳細

タイトル 猫の日本史
書名カナ ネコ ノ ニホンシ
副書名 猫と日本人がつむいだ千年のものがたり
著者 桐野 作人 /著, 吉門 裕 /著  
著者カナ キリノ サクジン , ヨシカド ユタカ
出版者 戎光祥出版
出版年 2024.1
ページ数 273p
大きさ 19cm
価格 ¥1600
一般件名 ねこ(猫)-歴史 , 日本-歴史
NDC分類(10版/9版) 645.7/645.7
内容紹介 天皇に寵愛された猫、猫に転生した姫君、豊臣秀吉の愛猫失踪騒動、江戸時代のメディアをジャックした猫…。源氏物語から戦国大名、滝沢馬琴、夏目漱石まで、猫と日本人の歩みを珠玉のエピソードでたどる。
著者紹介 鹿児島県生まれ。歴史作家。武蔵野大学政治経済研究所客員研究員。著書に「龍馬暗殺」など。
ISBN 4-86403-495-1
ISBN13桁 978-4-86403-495-1
図書館員おすすめコメント 浮世絵にも描かれ、古くから人間の暮らしに溶け込んできた猫。記録を辿り、その歴史を紐解きます。可愛がられるあまり、亡くなってから戒名をつけられた戦国時代の猫や、はたまた瞳孔の大きさで時間が分かるとして、時計代わりに朝鮮出兵に同行した猫まで、その在り方は様々です。今話題の「源氏物語」にも猫が登場し、物語の中で大きな役割を果たしています。膨大な資料から猫と日本の歴史を知る一冊です。【図書館員おすすめの本758号】