文春新書 1389

磯田 道史/著 -- 文藝春秋 -- 2023.2 -- 289.1
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /210.52/ト/ 211159835 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 徳川家康 弱者の戦略
書名カナ トクガワ イエヤス ジャクシャ ノ センリャク
シリーズ名 文春新書   1389
著者 磯田 道史 /著  
著者カナ イソダ ミチフミ
出版者 文藝春秋
出版年 2023.2
ページ数 190p
大きさ 18cm
価格 ¥800
個人件名 徳川 家康
NDC分類(10版/9版) 289.1/289.1
内容紹介 戦国一の激戦地域に生まれ、頼みの今川義元はまさかの戦死、織田信長との同盟は過酷を極め、最強の信玄軍団には攻められ…。徳川家康の人生は厳しい選択の連続だった。豊富な史料から逆境に学び続けた「天下人」の実態に迫る。
著者紹介 岡山県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)。国際日本文化研究センター教授。著書に「日本史を暴く」など。
ISBN 4-16-661389-2
ISBN13桁 978-4-16-661389-2
図書館員おすすめコメント NHK大河ドラマで注目を集めている徳川家康。知っているつもりの家康ですが、本当の家康はどうだったのでしょう。著者は誰もが読める家康の本を書こうと考えます。そこで、本の要点を「家康は、三河の弱小大名であったのに、なぜ・どうやって天下を手に入れ、260年も続く政権を築けたのか?」とし、読者の参考になるよう「家康の弱者の戦略」をみてもらうことにしました。最初から天下を目指したわけではなく、厳しい選択ばかりの人生を送った家康。みんなが生きるための歴史、パブリック・ストーリーとして、読者の人生の参考書となるような家康を描きます。【図書館員おすすめの本744号】