山下 惣一/著 -- 不知火書房 -- 2022.12 -- 610.4
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /610.4/ヤ/ 211151436 一般   利用可能
本館 伊万里学 /610.4/ヤ/ 211151444 伊万里   利用可能

資料詳細

タイトル 振り返れば未来
書名カナ フリカエレバ ミライ
副書名 農民作家山下惣一聞き書き
著者 山下 惣一 /著, 佐藤 弘 /聞き手  
著者カナ ヤマシタ ソウイチ , サトウ ヒロシ
出版者 不知火書房
出版年 2022.12
ページ数 465p
大きさ 19cm
価格 ¥2000
一般件名 農業
個人件名 山下 惣一
NDC分類(10版/9版) 610.4/610.4
内容紹介 農の原理は循環であって、成長じゃない。百姓ってのは借金さえしなければ、成長しなくても生きていけるんです-。不世出の農民作家・山下惣一の足跡と農業への危機感などを伝える。『西日本新聞』連載を大幅に加筆し単行本化。
著者紹介 佐賀県唐津市生まれ。農業に従事する傍ら、文筆活動。NGO「アジア農民交流センター」代表、「小農学会」代表世話人なども務める。「減反神社」で地上文学賞受賞。
ISBN 4-88345-139-5
ISBN13桁 978-4-88345-139-5
図書館員おすすめコメント 2022年7月唐津市の山下惣一さんが亡くなられました。農業に従事しながら小説、エッセイ、ルポルタージュなどの文筆活動を続け、国内外の農の現場を精力的に歩き、食・農をめぐる問題などへ問題提起を続けました。本書では「生い立ち」から「農の明日」まで、全14章に渡り、時に大笑いしながら、これまでの人生を語っています。人間らしく生きていけるのが「百姓」の世界。「百姓」という言い方にこだわる理由とは。明日を切り開くヒントはミライにではなく人々が歩いてきた跡、人類の歴史の中にある……。農民作家・山下惣一の足跡と農業への危機感などを伝える『西日本新聞』連載を大幅に加筆したものです。【図書館員おすすめの本739号】