宇野 碧/著 -- 講談社 -- 2022.8 -- 913.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /913.6/ウ/ 211129077 一般   利用可能

資料詳細

タイトル レペゼン母
書名カナ レペゼン ハハ
著者 宇野 碧 /著  
著者カナ ウノ アオイ
出版者 講談社
出版年 2022.8
ページ数 283p
大きさ 19cm
価格 ¥1400
NDC分類(10版/9版) 913.6/913.6
内容紹介 梅農家を営むおかんの唯一の気がかりは、借金まみれのダメ息子・雄大のこと。ある日、偶然にも雄大がラップバトルの大会に出場することを知り、明子はマイクを握り立ち上がる…。『小説現代』掲載を書籍化。
著者紹介 1983年生まれ。神戸市出身。2022年「レペゼン母」で小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。
ISBN 4-06-527646-4
ISBN13桁 978-4-06-527646-4
図書館員おすすめコメント 「レペゼン」とは、ヒップホップ用語で言うところの「代表する、象徴する」。これは「レペゼン母」、つまり「おかん代表」を冠して、母親が息子に「サヨナラ」をつきつける物語――。深見明子は、今年65歳。夫を亡くしてから30年、女手一つで息子を育て、梅農園を切り盛りしてきました。ある時明子は、自身の悩みの種である息子が、ラップバトル大会に出ることを偶然知ります。ここで、明子は驚きの行動に。息子が出場するラップバトルの大会に自分も出場するのです。「おかん代表」明子のラップは、観客、そして息子の心を揺さぶることができるのか?怒涛の展開から目が離せません。【図書館員おすすめの本730号】
地元紙掲載紙 西日本新聞
地元紙掲載日 2022/10/22