TARJEI VESAAS Collection

タリアイ・ヴェーソス/著 -- 国書刊行会 -- 2022.4 -- 949.63
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /949.63/ブ/ 211110713 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 氷の城
書名カナ コオリ ノ シロ
シリーズ名 TARJEI VESAAS Collection   
著者 タリアイ・ヴェーソス /著, 朝田 千惠 /訳, アンネ・ランデ・ペータス /訳  
著者カナ ヴェースオース タリエイ , アサダ チエ , ペータス アンネ・ランデ
出版者 国書刊行会
出版年 2022.4
ページ数 344p
大きさ 20cm
価格 ¥2400
NDC分類(10版/9版) 949.63/949.63
内容紹介 雪に閉ざされたノルウェーの田舎町。運命の絆で結ばれたふたりの少女は、それぞれの思いを胸に森深くの滝の麓につくられた神秘的な<氷の城>を目指し…。ノルウェーの国民的作家による、切なさを湛えた出会いと別れの物語。
著者紹介 1897~1970年。テーレマルク生まれ。20世紀ノルウェー文学を代表する作家・詩人。北欧理事会文学賞、ヴェニス国際文学賞などの数々の文学賞を受賞。著書に「風」「鳥」など。
ISBN 4-336-07250-4
ISBN13桁 978-4-336-07250-4
図書館員おすすめコメント 11歳の少女シスが通う学校に同い年のウンという少女が転入してきました。二人は、お互いの事が気になり探り合うように距離を縮めていきます。ある日、シスの机にウンからのメッセージが書かれた紙切れがありました。それをきっかけに、シスはウンの自宅へと招かれます。しかし、二人が一緒に過ごした次の日、ウンの行方がわからなくなりました。ウンはいったいどこへ。そして二人の過ごした時間に何があったのでしょうか。二十世紀のノルウェー文学を代表する著者が、1963年に描いた小説で、49年ぶりに邦訳されました。【図書館員おすすめの本723号】