オリガ・ホメンコ/著 -- 群像社 -- 2022.2 -- 283.86
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /283.86/ホ/ 211101696 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 国境を超えたウクライナ人
書名カナ コッキョウ オ コエタ ウクライナジン
著者 オリガ・ホメンコ /著  
著者カナ ホメンコ オリガ
出版者 群像社
出版年 2022.2
ページ数 140p
大きさ 19cm
価格 ¥1500
一般件名 伝記-ウクライナ
NDC分類(10版/9版) 283.86/283.86
内容紹介 旅する自由思想家、20世紀のマルコ・ポーロ…。18~20世紀、美術、航空技術、医学、外交などの専門性を生かして異郷の地で活躍した人たちと、ウクライナ人に同化してソ連に殺された男、10人の人物誌。
著者紹介 キエフ生まれ。東京大学大学院地域文化研究科で博士号取得。キエフ・モヒラ・ビジネススクール助教授。著書に「ウクライナから愛をこめて」など。
ISBN 4-910100-22-7
ISBN13桁 978-4-910100-22-7
図書館員おすすめコメント 著者はキエフ生まれ。東京大学大学院で博士号取得、現在はキエフ・モヒラ・ビジネススクール助教授。ウクライナ生まれで国外で活躍した人は多く、作曲家のプロコフィエフや昭和の大横綱大鵬はウクライナ人の父を持ちます。本書は、国境を越えたウクライナ人として、著者が日本に伝えたい10人を紹介したものです。ウクライナ人にとって「国境」とは何なのでしょう。国境に対して「不安」と「自由」という相反する感情を持つウクライナ人。ウクライナはつねに自分たちの土地を守る必要がありました。トルコ、ポーランド、オーストリア、ドイツそしてロシア。様々な国に占領された過去をもち、今も戦禍の中にあるのです。自由思想家のスコヴォロダーや空飛ぶ夢を実現したシコールスキイ等。異郷の地で活躍した人々を知り、ウクライナを知ってほしいと著者は願います。【図書館員おすすめの本720号】