瀬戸内 寂聴/著 -- 講談社 -- 2022.1 -- 914.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /914.6/セ/ 211095807 一般   貸出中
ぶっくん ぶっくん /914.6/セ/ 211098496 一般   利用可能

資料詳細

タイトル その日まで
書名カナ ソノヒ マデ
著者 瀬戸内 寂聴 /著  
著者カナ セトウチ ジャクチョウ
出版者 講談社
出版年 2022.1
ページ数 182p
大きさ 20cm
価格 ¥1300
NDC分類(10版/9版) 914.6/914.6
内容紹介 百歳近く生きつづけて、最も大切なことは、自分の生きざまの終わりを見とどけることだけであった-。切に愛し、いのちを燃やし、ペン一筋に生き抜いた瀬戸内寂聴99歳、最期の長篇エッセイ。『群像』掲載を書籍化。
著者紹介 1922~2021年。徳島県生まれ。東京女子大学卒。73年平泉中尊寺で得度、法名・寂聴となる。「花に問え」で谷崎潤一郎賞、「場所」で野間文芸賞受賞。2006年文化勲章受章。
ISBN 4-06-526656-4
ISBN13桁 978-4-06-526656-4
図書館員おすすめコメント 著者最期の長編エッセイです。99歳、生涯現役で書き続けてきた著者は、同業の友人たちがこの世から旅立つのを見送り続けてきました。今までに関わりあってきた友人たちを振り返るさまは淡々としているようですが、不意に訪れる「今、あの人が生きていたら」という著者の思いが読む側の心を揺さぶります。この世を旅立つ「その日」をどう迎えるのか――。体のあちこちが痛もうが、よく食べ、よく呑み、よく眠り、そしてよく書いて。筆者は「その日」までをまさに「生き切った」のでしょう。少し寂しいけれど、最後は心に日が差すような読後感です。【図書館員おすすめの本718号】