神田 茜/著 -- 光文社 -- 2021.12 -- 913.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /913.6/カ/ 211093638 一般   貸出中

資料詳細

タイトル 下北沢であの日の君と待ち合わせ
書名カナ シモキタザワ デ アノ ヒ ノ キミ ト マチアワセ
著者 神田 茜 /著  
著者カナ カンダ アカネ
出版者 光文社
出版年 2021.12
ページ数 272p
大きさ 19cm
価格 ¥1600
NDC分類(10版/9版) 913.6/913.6
内容紹介 ごめんね、って言えばよかった。言えなかった-。実在した人気パン屋「アンゼリカ」を舞台に、下北沢に30年在住の著者が描く過去と今。80年代の下北沢の空気感を愛する大人の読者へ向けた、ノスタルジー溢れる青春小説。
著者紹介 北海道生まれ。講談師・作家。「女子芸人」で新潮エンターテインメント大賞受賞。ほかの著書に「ぼくの守る星」など。
ISBN 4-334-91439-4
ISBN13桁 978-4-334-91439-4
図書館員おすすめコメント 服飾デザイナーを夢見て19歳の時上京した理夏でしたが、借金をかかえて、専門学校への足も遠のき、とうとう寮を追い出されてしまいました。行き着いたのは下北沢の古いアパート。そこで、劇団員の秋子とアパートの元住人だったちはると出会います。お金もない、才能も見いだせないと自信を失っていた理夏にとって彼女たちと過ごす日々は濃厚で輝いて見えました。ところが、ある勘違いによって三人の友情は壊れたまま時は過ぎていきます。30年経ったある日、当時アパートの隣人だった尾村雪江から理夏のもとに手紙が届きます。そこには、三人の仲違いの原因となった騒動の真相が綴られていました。理夏は苦い思い出と懐かしさの入り混じった下北沢の地へ再び降り立ちます。時の流れとともに、少女から大人の女性となった彼女たちの揺れ動く心情がせつない物語です。【図書館員おすすめの本716号】

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
イエローポリ袋 5-16p
下北スイート 17-68p
カレーパンサイドライン 69-106p
しあわせパン工房 107-143p
みそパンワイド 144-174p
かたばみの葉 175-229p
謎のチカラパン 230-271p