立花 隆/[著] -- 長崎文献社 -- 2021.9 -- 289.1
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /289.1/タ/ 211084678 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 立花隆 長崎を語る
書名カナ タチバナ タカシ ナガサキ オ カタル
副書名 長崎が生んだ「知の巨人」
著者 立花 隆 /[著], 長崎文献社編集部 /編集  
著者カナ タチバナ タカシ , ナガサキ ブンケンシャ
出版者 長崎文献社
出版年 2021.9
ページ数 235p
大きさ 19cm
価格 ¥1300
一般件名 長崎市
個人件名 立花 隆
NDC分類(10版/9版) 289.1/289.1
内容紹介 稀代のジャーナリストであり思想家でもあった立花隆。立花隆が自身の原点である「長崎」について語った講演録のほか、吉田文彦や山中賢一らが綴る立花隆の実像、立花隆の家族史などを収録する。
ISBN 4-88851-366-1
ISBN13桁 978-4-88851-366-1
図書館員おすすめコメント 立花隆が長崎市出身ということをご存知ですか。生まれたのは長崎医科大学付属病院産婦人科病棟。ここは8月9日の原爆で一瞬にして廃墟と化しましたが、この廃墟を「僕の生まれた場所」と語りました。本書のテーマは立花隆の原点を問いかけ、「長崎」が原点だという証を読者に知ってほしいこと。そして生涯のテーマと考えた「戦争と平和」です。「立花隆長崎を語る」「私が会った立花隆の実像」「立花隆の家族史」の全3章では、原爆資料館での講演録や原爆論、立花隆の好奇心や無名時代からの実像、そして自身のルーツを長崎に求める理由など。「平和へのゆるぎない思いを長崎は立花さんと共有している」という長崎市長の言葉は、若い人たちへ伝えることを大切にした立花隆の思いと重なります。【図書館員おすすめの本712号】