伊吹 亜門/著 -- KADOKAWA -- 2021.8 -- 913.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /913.6/イ/ 211078027 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 幻月と探偵
書名カナ ゲンゲツ ト タンテイ
著者 伊吹 亜門 /著  
著者カナ イブキ アモン
出版者 KADOKAWA
出版年 2021.8
ページ数 285p
大きさ 19cm
価格 ¥1750
NDC分類(10版/9版) 913.6/913.6
内容紹介 1938年、革新官僚・岸信介の秘書が急死した。秘書は元陸軍中将・小柳津義稙の孫娘の婚約者で、小柳津邸での晩餐会で毒を盛られた疑いがあった。岸に真相究明を依頼された私立探偵・月寒三四郎は調査に乗り出すが…。
著者紹介 1991年愛知県生まれ。同志社大学卒。「刀と傘」で本格ミステリ大賞を受賞。
ISBN 4-04-111549-7
ISBN13桁 978-4-04-111549-7
図書館員おすすめコメント 1938年、私立探偵の月寒三四郎に満州国の官僚、岸信介から依頼が舞い込みました。内容は岸の秘書が急死したことについてでした。秘書はその婚約者の祖父、小柳津義稙の自宅で開かれた晩餐会で毒を盛られた疑いがあり、月寒は捜査を始めます。自分の身に危険が迫る中、月寒は犯人を見つけ出すことができるのでしょうか、そして犯人の目的とは。本書は当時のシベリアや満州について、著者が様々な文献で緻密に調べ上げてあり、読みごたえのある内容です。また、衝撃的な展開の連続に、最後まで目が離せません。【図書館員おすすめの本708号】