福士 俊哉/著 -- KADOKAWA -- 2021.7 -- 913.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /913.6/フ/ 211075205 一般   利用可能

資料詳細

タイトル ツタンカーメンの心臓
書名カナ ツタンカーメン ノ シンゾウ
著者 福士 俊哉 /著  
著者カナ フクシ トシヤ
出版者 KADOKAWA
出版年 2021.7
ページ数 292p
大きさ 20cm
価格 ¥1700
NDC分類(10版/9版) 913.6/913.6
内容紹介 ツタンカーメンに関連するエジプトの発掘調査に参加した小栗。調査が開始された矢先、遺跡から大量の首なしミイラとミイラの内臓を収める容器「カノポス」が見つかった。謎を秘めたカノポスをめぐり、小栗たちに危機が迫り…。
著者紹介 1959年岩手県生まれ。多摩芸術学園映画学科卒。古代エジプトを題材としたテレビ番組、展覧会の演出を担当。「黒いピラミッド」で日本ホラー小説大賞大賞受賞。
ISBN 4-04-108820-3
ISBN13桁 978-4-04-108820-3
図書館員おすすめコメント 聖東大学の研究室にいる先輩から小栗陽のもとへエジプトでの発掘調査への誘いの連絡が入ります。大学時代にツタンカーメンの研究をしていた彼にとっては願ってもない話で、一度はあきらめた研究職に夢を膨らませエジプトの地へ降り立ちます。先輩講師の日下美羽と調査リーダーの桐生准教授と共に調査に乗り出し、ほどなく頭部のない数体のミイラと、ミイラの内臓を入れる容器「カノポス」を発見しました。心躍らせる小栗たちでしたが、この発掘調査にはある目論見が隠されていたのでした。神秘の国エジプトを舞台に、ツタンカーメンの死の真相に迫るストーリー展開に胸が高鳴ります。【図書館員おすすめの本706号】