新保 信長/著 -- 文藝春秋 -- 2020.11 -- 809.2
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /809.2/シ/ 211046552 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 声が通らない!
書名カナ コエ ガ トオラナイ
著者 新保 信長 /著  
著者カナ シンボ ノブナガ
出版者 文藝春秋
出版年 2020.11
ページ数 205p
大きさ 19cm
価格 ¥1300
一般件名 発声法
NDC分類(10版/9版) 809.2/809.2
内容紹介 居酒屋で店員を呼んでも気づいてもらえない著者が、アメ横の魚屋や相撲の呼び出し等に教えを乞い、通る声の獲得を目指したルポルタージュ。「字が汚い!」に続く、コンプレックスシリーズ第2弾。
著者紹介 1964年大阪生まれ。東京大学文学部心理学科卒。流しの編集者&ライター。著書に「字が汚い!」「虎バカ本の世界」「東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?」など。
ISBN 4-16-391290-5
ISBN13桁 978-4-16-391290-5
図書館員おすすめコメント よく通る声ってどんな発声をしているのでしょうか。そもそも、いい声って、どんな声なのでしょうか。居酒屋で店員に声が通らないというコンプレックスを持った著者が、体を張って調べてみました。いい声といわれる芸能人、発声の良いアナウンサー、ライブに雄叫びをあげるアイドルの追っかけに、大声といえば応援団まで…。ボイストレーニングに通い、著者が出した結論とは?声と喉にまつわる取材と体験がギュッと詰まったユニークなルポルタージュです。【図書館員おすすめの本690号】