森本 修代/著 -- 小学館 -- 2020.7 -- 369.41
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /369.41/モ/ 211035951 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 赤ちゃんポストの真実
書名カナ アカチャン ポスト ノ シンジツ
著者 森本 修代 /著  
著者カナ モリモト ノブヨ
出版者 小学館
出版年 2020.7
ページ数 319p
大きさ 19cm
価格 ¥1500
一般件名 母子福祉 , 捨子
NDC分類(10版/9版) 369.41/369.41
内容紹介 熊本市の慈恵病院が「赤ちゃんポスト」を開設して13年。命を救うという理念のもと理解を広げてきたが、実際の運用は想定外の連続で…。地元紙記者が、大手メディアの“美談”から零れ落ちた事実を拾い集めたルポルタージュ。
著者紹介 1969年熊本県生まれ。静岡県立大学在学中に執筆した「ハーフ・フィリピーナ」で潮賞ノンフィクション部門優秀作に選ばれる。熊本日日新聞社編集三部次長。
ISBN 4-09-388772-4
ISBN13桁 978-4-09-388772-4
図書館員おすすめコメント 2007年5月に熊本市の慈恵病院が開設した「こうのとりのゆりかご」という名の「赤ちゃんポスト」は、当時、大手メディアにより大々的に取り上げられ話題となりました。命を救うという理念のもと、開設されて13年が経過しましたが、今なおさまざまな課題を抱えています。本書では、新聞記者の著者が、病院関係者や元看護師、赤ちゃんポストに子どもを預けた母親、また、預けられた子などを取材し、赤ちゃんポストの存在に対するそれぞれの思いを伝えています。命の尊厳について考えさせられる一冊です。【図書館員おすすめの本683号】