中公新書ラクレ 690

内田 樹/著 -- 中央公論新社 -- 2020.6 -- 367.3
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /367.3/ウ/ 211035399 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 街場の親子論
書名カナ マチバ ノ オヤコロン
副書名 父と娘の困難なものがたり
シリーズ名 中公新書ラクレ   690
著者 内田 樹 /著, 内田 るん /著  
著者カナ ウチダ タツル , ウチダ ルン
出版者 中央公論新社
出版年 2020.6
ページ数 285p
大きさ 18cm
価格 ¥900
一般件名 親子関係
NDC分類(10版/9版) 367.3/367.3
内容紹介 名文家・内田樹とその娘である内田るんとの往復書簡集。わが子への怯え、親への嫌悪など、誰もが感じたことのある「親子の困難」の原因を解きほぐし、解決のヒントを提示する。
著者紹介 1950年東京生まれ。思想家、武道家(合気道7段)、神戸女学院大学名誉教授。
ISBN 4-12-150690-0
ISBN13桁 978-4-12-150690-0
図書館員おすすめコメント 「お父さんへ」「るんちゃんへ」の書き出しで始まる父と娘の往復書簡が一年間にわたり交わされました。父は思想家、武道家などと称され、様々なジャンルの著作も手がける名文家です。娘は詩人、フェミニスト、イベントオーガナイザーなどの肩書を持っています。娘が6歳の時に両親は離婚し、父は男手ひとつで一人娘を育てることになりました。娘は幼いながら、父の大変な状況を気遣う日々を過ごしました。当時の思いを手紙に綴り、お互いの正直な気持ちを分かち合ったり、今の社会や教育についても議論しています。親子のような同志のような二人の関係が、とても微笑ましく、うらやましくも感じます。【図書館員おすすめの本681号】