上野 誠/著 -- 講談社 -- 2020.3 -- 916
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /916/ウ/ 211028972 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 万葉学者、墓をしまい母を送る
書名カナ マンヨウ ガクシャ ハカ オ シマイ ハハ オ オクル
著者 上野 誠 /著  
著者カナ ウエノ マコト
出版者 講談社
出版年 2020.3
ページ数 185p
大きさ 19cm
価格 ¥1400
一般件名 生と死 , 葬式 , 墳墓
NDC分類(10版/9版) 916/916
内容紹介 現代万葉研究を大きくリードする学者は、故郷福岡の墓をしまい老いた母を呼び寄せ、7年間介護して見送った息子でもあった…。体験と学問を軽妙な筆致で往来し、死について深く考え綴ったエッセイ。
著者紹介 1960年福岡県生まれ。奈良大学文学部教授(国文学科)。第12回日本民俗学会研究奨励賞、第15回上代文学会賞受賞。著書に「魂の古代学」など。
ISBN 4-06-519239-9
ISBN13桁 978-4-06-519239-9
図書館員おすすめコメント 著者は、兄の死によって地方に住む高齢の母親を呼び寄せ介護をすることになります。病院や施設などを転々とし、介護生活は7年間に及びました。少年時代に体験した祖父の死、母の介護と看取りを通して、昔と今の葬儀の儀礼・墓じまいまでどう変化してきたのか、生命の誕生・神話・万葉集を交えて、ひとりの古典学者の視点で描かれています。単身世帯が増え、人口が減って急速にしぼみつつある地域社会の変化。誰もがやってくる老いについても、考えさせられます。【図書館員おすすめの本675号】