おいしい文藝

阿川 佐和子/[ほか]著 -- 河出書房新社 -- 2020.3 -- 914.68
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /914.68/オ/ 211027461 一般   利用可能

資料詳細

タイトル ちょこっと、つまみ
書名カナ チョコット ツマミ
シリーズ名 おいしい文藝   
著者 阿川 佐和子 /[ほか]著  
著者カナ アガワ サワコ
出版者 河出書房新社
出版年 2020.3
ページ数 203p
大きさ 19cm
価格 ¥1600
一般件名 随筆-随筆集
NDC分類(10版/9版) 914.68/914.68
内容紹介 しんみり呑むのも、わいわい呑むのも、「つまみ」あればこそ-。伊丹十三、久住昌之、田辺聖子など文筆界の「左党」たちによる、つまみエッセイを集めたアンソロジー。全36篇を収録する。
著者紹介 1953年東京生まれ。小説家、エッセイスト。「ウメ子」で坪田譲治文学賞。ほかの著書に「婚約のあとで」など。
ISBN 4-309-02864-4
ISBN13桁 978-4-309-02864-4
図書館員おすすめコメント つまみ・・・。なんて魅惑的な響きなのでしょう。檀一雄は「酒飲みにだけ与えられた天の恩恵のようなもの」といい、澁澤龍彦は「おつまみって言えば、何だっておつまみになる」という次第。その日の気分や財布の中身で変わるものだから、迷ったり選んだりするのも、これまた至福のひとときと言えるでしょう。運命の一皿や外せない駅弁、食卓の向こうにみえる晩酌の風景や老舗のこだわりの味…。つまみにまつわる、作家やエッセイストたちの「旨い」エッセイ集です。【図書館員おすすめの本674号】

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
わが身辺に低廉の佳肴あり 檀 一雄/著 7-12p
おつまみ 伊丹 十三/著 13-16p
三分おつまみ帳 牧野 伊三夫/著 17-23p
ポテト・フライ 池波 正太郎/著 24-26p
燗酒と自分で作る小さな酒の肴 川本 三郎/著 27-30p
ちょっと一杯 山田 風太郎/著 31-35p
思い出し肴 阿川 佐和子/著 36-40p
久保万先生と酒肴 福田 蘭童/著 41-44p
高橋 みどり/著 45-47p
東京の下町、居酒屋はしご酒(抄) 島田 雅彦/著 48-55p
丈夫なからだで「吉呑み」 東海林 さだお/著 56-61p
会津をめぐる伝統の酒肴(抄) 宇能 鴻一郎/著 62-68p
チーカマ放浪記 種村 季弘/著 69-76p
寄席がハネたら行きたい店 柳家 小満ん/著 77-82p
寄り合い酒にはナスの古漬け 椎名 誠/著 83-85p
酒と肴のこと 田辺 聖子/著 86-89p
九州@東京 江國 香織/著 90-92p
あくなき執念の味 鴨居 羊子/著 93-99p
酒、肴、酒 吉田 健一/著 100-105p
蜻蛉返り 佐藤 垢石/著 106-112p
干物と酒 古谷 三敏/著 113-119p
おからでシャムパン 内田 百間/著 120-128p
シウマイ弁当de缶ビール 久住 昌之/著 129-133p
アジのヒメノ式 姫野 カオルコ/著 134-142p
教え子の焼酎 小泉 武夫/著 143-145p
酒のさかな 遠藤 周作/著 146-148p
どぜう 獅子 文六/著 149-153p
イカとビールとふぐ 吉村 昭/著 154-157p
塩豆とビール 平松 洋子/著 158-160p
吉行 淳之介/著 161-163p
みんでんなす 杉浦 日向子/著 164-166p
突然出会う 角田 光代/著 167-169p
海鼠 辰巳 浜子/著 170-173p
貝鍋の歌 中谷 宇吉郎/著 174-178p
最も日本的なもの 丸谷 才一/著 179-188p
おつまみ作法 澁澤 龍彦/著 189-195p