瀬戸内 寂聴/著 -- 中央公論新社 -- 2020.3 -- 914.6
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /914.6/セ/ 211024914 一般   貸出中
ぶっくん ぶっくん /914.6/セ/ 211027735 一般   貸出中

資料詳細

タイトル 笑って生ききる
書名カナ ワラッテ イキキル
著者 瀬戸内 寂聴 /著  
著者カナ セトウチ ジャクチョウ
出版者 中央公論新社
出版年 2020.3
ページ数 204p
大きさ 20cm
価格 ¥1300
NDC分類(10版/9版) 914.6/914.6
内容紹介 泣きたいときは辛抱しない。現世なんてサンドイッチのハムより薄い…。健康・夫婦・子育て・老い・人づきあい。迷ったら立ち戻りたい瀬戸内寂聴の熱く優しい希望のことばを、『婦人公論』掲載記事から厳選して紹介する。
著者紹介 1922年徳島県生まれ。東京女子大学卒業。小説家、僧侶(天台宗権大僧正)。京都嵯峨野に「曼陀羅山寂庵」を開く。女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞、泉鏡花文学賞受賞。文化勲章受章。
ISBN 4-12-005284-2
ISBN13桁 978-4-12-005284-2
図書館員おすすめコメント 作家として、僧侶として様々な名言を残している寂聴さん。そんな寂聴さんに「悔いなく生きるコツ」を尋ねたら、どんな言葉が返ってくるでしょう?この本では、66歳下の秘書・瀬尾まなほさんとの対談をはじめ、雑誌『婦人公論』に掲載されたエッセイ、インタビューから厳選し、その疑問に答えています。日頃の講演では「笑うことが大事」と説き、欲望を認め、挑戦しない後悔より失敗する後悔がずっと良いと述べています。対談でも対談相手への寂聴さんのまなざしは、悩める人間全体に優しく注がれているかのようです。また、人生を歩む上での杖ともなりうる言葉の数々は、きっと読む人の心を癒してくれるでしょう。【図書館員おすすめの本673号】