山口 泰史/著 -- 古今書院 -- 2018.11 -- 334.31
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 一般 /334.31/ヤ/ 210951190 一般   利用可能

資料詳細

タイトル 若者の就職移動と居住地選択
書名カナ ワカモノ ノ シュウショク イドウ ト キョジュウチ センタク
副書名 都会志向と地元定着
著者 山口 泰史 /著  
著者カナ ヤマグチ ヤスフミ
出版者 古今書院
出版年 2018.11
ページ数 6,186p
大きさ 21cm
価格 ¥4400
一般件名 日本-人口 , 人口移動 , 労働移動
NDC分類(10版/9版) 334.31/334.31
内容紹介 若年者の出身地残留傾向とその要因、新規大卒者のUターン移動と就職、Uターン者・非Uターン者の意識構造など、地方圏出身者を中心とした若年層の人口移動を取り上げ、その実態と要因、問題点について論じる。
著者紹介 1972年岐阜県生まれ。東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程単位取得退学。株式会社フィデア総合研究所地域政策コンサルティンググループ主任研究員。
ISBN 4-7722-9013-5
ISBN13桁 978-4-7722-9013-5

目次

序章
第1章 若年層移動研究の系譜
  Ⅰ.わが国の人口移動研究の潮流
  Ⅱ.わが国の若年層移動研究の潮流
  Ⅲ.海外における若年層移動研究
  Ⅳ.本章のまとめ
第2章 若年層移動の概要
  Ⅰ.はじめに
  Ⅱ.人口移動の全体像
  Ⅲ.大都市圏と地方圏間の移動
  Ⅳ.若年層の移動
  Ⅴ.本章のまとめと次章以降への展開
第3章 地方圏における若年者の出身地残留傾向とその要因
  Ⅰ.問題の提起
  Ⅱ.方法上の留意点
  Ⅲ.データ
  Ⅳ.残留率の測定
  Ⅴ.残留率変化に及ぼす構造的要因の影響
  Ⅵ.残留率の上昇と経済要因
  Ⅶ.本章のまとめ
第4章 地方圏出身新規大卒者のUターン移動と就職
  Ⅰ.はじめに
  Ⅱ.アンケート調査の方法
  Ⅲ.大卒Uターンの特徴とその変化
  Ⅳ.本章のまとめ
第5章 高校生の就職における組織的求人システム
  Ⅰ.はじめに
  Ⅱ.調査対象と方法
  Ⅲ.組織的求人システムの実態
  Ⅳ.組織的求人システムの地域的特徴
  Ⅴ.マクロスケールの就職移動との関係
  Ⅵ.本章のまとめ
第6章 地方圏出身者のUターン者・非Uターン者の意識構造
  Ⅰ.はじめに
  Ⅱ.Uターン研究の流れ
  Ⅲ.調査の概要
  Ⅳ.調査結果
  Ⅴ.Uターンを推進するためのニーズと課題
  Ⅵ.本章のまとめ
第7章 地方圏における親世代の意識構造と若者流出への影響
  Ⅰ.はじめに
  Ⅱ.研究対象地域
  Ⅲ.庄内地域における若年層の変動
  Ⅳ.子の居住地選択に関する親の意識
  Ⅴ.本章のまとめ
結論
  Ⅰ.各章のまとめ
  Ⅱ.総体的考察
  Ⅲ.今後の課題