ちくまプリマー新書 252

稲垣 栄洋/著 -- 筑摩書房 -- 2016.4 -- 471
GoogleBooksへ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
本館 ヤング /471/イ/ 220297444 YA   利用可能

資料詳細

タイトル 植物はなぜ動かないのか
書名カナ ショクブツ ワ ナゼ ウゴカナイ ノカ
副書名 弱くて強い植物のはなし
シリーズ名 ちくまプリマー新書   252
著者 稲垣 栄洋 /著  
著者カナ イナガキ ヒデヒロ
出版者 筑摩書房
出版年 2016.4
ページ数 197p
大きさ 18cm
価格 ¥820
一般件名 植物学
学習件名 植物,サボテン,野草
NDC分類(10版/9版) 471/471
児童内容紹介 植物は動くこともなく、何となく生えているように見えるかもしれない。しかし、動けない植物の暮らしこそ、本当は、ダイナミックでドラマチックなのだ。弱肉強食の厳しい自然界を生きるために、さまざまな知恵や工夫を発達させている植物を、「強さとは何か」をテーマにわかりやすく紹介する。
内容紹介 植物とはいったいどのような生き物なのか、植物はいかにして植物になったのか、食べられる一方の植物は弱い存在なのか…。「強さとは何か」をテーマに、植物の生き方を探り、わかりやすく解説する。
著者紹介 1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。静岡大学大学院教授。専攻は雑草生態学。著書に「身近な雑草の愉快な生きかた」「弱者の戦略」など。
ISBN 4-480-68957-3
ISBN13桁 978-4-480-68957-3

目次

はじめに
第一章 植物はどうして動かないのか?-弱くて強い植物という生き方
  人間こそ奇妙な生き物/植物は下等なのか?/植物と人間の共通の祖先/植物の誕生/動物と植物の間の生物/「ハテナ」という生き物/「分類」は人間が決めたもの/リンネが作った分類/種とは何か?/形も大きさも自由自在/植物は繰り返し構造/部分から全体が再生する/★第一章のまとめ 植物は動かない
第二章 植物という生き物はどのように生まれたのか?-弱くて強い植物の進化
  陸上植物の祖先/植物の上陸/根も葉もない植物/植物の上陸によって、地上に生態系ができた/植物が持つ二つの世代/コケとシダのちがい/種子植物の進化/乾燥への適応/種子という移動カプセル/★第二章のまとめ 植物は環境の破壊者だった?
第三章 どうして恐竜は滅んだのか?-弱くて強い花の誕生
  被子植物の劇的な進化/進化のスピードが加速した/美しき花の誕生/昆虫も進化を遂げた/複雑な花の形のひみつ/果実の誕生/鳥の発達/果実を餌にした哺乳類/導管の発達/木と草は、どちらが新しい?/命短く進化する/死を創りだした者/死というシステム/追いやられた恐竜たち/新しいものが良いとは限らない/御神木にはスギが多い理由/植物の進化/★第三章のまとめ 花は誰がために咲く
第四章 植物は食べられ放題なのか?-弱くて強い植物の防衛戦略
  食物連鎖の底辺の存在/食べられないための工夫/毒に対する草食動物の進化/草食動物の進化/苦味がうまいという奇妙な動物/どうして有毒植物は少ないのか?/草原の植物の進化/身を低くして身を守る/栄養のない植物/草食動物の反撃/草食動物が巨大な理由/単子葉植物の進化/単子葉植物と双子葉植物/単子葉は「ひげ根」の理由/敵を味方につける/人間という存在/★第四章のまとめ 競争の先にある共存
第五章 生物にとって「強さ」とは何か?-弱くて強い植物のニッチ戦略
  オンリー1か、ナンバー1か/ナンバー1しか生きられない/生き物は争わない/すべての生物がナンバー1である/「ずらす」という戦略/生物のニッチ戦略/植物の棲み分け/西洋タンポポと日本タンポポはどっちが強い?/日本の自然を知り尽くした日本タンポポの戦略/ニッチは小さい方が良い/弱者が強者に勝つ条件/悪条件を味方につける/弱い植物の戦略/弱者は変化を好む/弱い生き物がニッチを獲得するために/複雑な環境にチャンスは宿る/★第五章のまとめ 逃げたっていい、戦わなくていい
第六章 植物は乾燥にどう打ち克つか?-弱くて強いサボテンの話
  根はどこまで伸びる/根はいつ伸びる/砂漠の植物の根っこ/どこで勝負するか?/サボテンにトゲがある理由/ターボエンジンでパワーアップ/C4植物が乾燥に強い理由/C4植物の欠点/ツインカムエンジンの登場/サボテンに見る収斂進化/貧栄養で発達した食虫植物/★第六章のまとめ ストレスと戦う
第七章 雑草は本当にたくましいのか?-弱くて強い雑草の話
  雑草の成功戦略/柔らかさが強さ/逆境をプラスに変える/雑草をなくす方法/冬も味方につける/逆境は味方である/変化する力/いつでもベストを尽くす/臨機応変に変化する/陣地を守るか広げるか/変化するために必要なこと/雑草は踏まれたら立ち上がらない/★第七章のまとめ 雑草をシンボルにした日本人
おわりに
参考文献